JP / EN
menu

第3回金融研究会を開催しました。

ワークショップの一覧に戻る

日時: 5月27日(木)17:15-18:15

報告者:今仁 裕輔氏(一橋大学大学院)

タイトル:金融機関の経営破綻が企業間の商取引の継続性に与える影響

(論文要旨)

本稿では 1997 年の北海道拓殖銀行の経営破綻が、カスタマー企業・サプライヤー企業間の取引の継続性に与える影響を分析した。分析の結果、カスタマー企業のメインバンクが北海道拓殖銀行であったペアは、北海道拓殖銀行の経営破綻後に取引関係が解消される確率が有意に高くなることが確認された。またサプライヤー企業と直接取引をしていない第 2 層カスタマー企業や第 3 層カスタマー企業が北海道拓殖銀行をメインバンクとしていた場合にも同様の効果が確認された。

ワークショップの一覧に戻る

CONTACT